ドン・マニュエルとジャーゲンの関係

〈マニュエル伝〉は、ドン・マニュエルが何度も繰り返し生きてロマンスの主人公を演ずる作品群とみてよいと思うが、ジャーゲンはマニュエル直系の子孫たちとは別のところにいる。しかし、ジャーゲンの血はマニュエルの系図に合流しているのである。その辺りが判りにくいと思ったので、家系図を書いてみた。マニュエルの結婚相手が誰から伏しておく(『ジャーゲン』を読んだら判ってしまうのだが、気づいていない人もいるかも知れないので)。図の中の*印は婚姻関係にない相手である。

もし、間違っているんじゃないかと気づいたことがあったらお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です